Archive for the ‘東京’ Tag

東京のお祭りでのこと

オリンピックの前、私と私の周囲の大部分人はすべて(小さい部分が彼が得ることを望むのです)劉翔の今度の試合がチャンピオンに取れないと思って、しかしもすべて受け入れることができます。

私個人はこれまで劉翔の心理の素質が良いと思っていませんと客観的に言います。彼から取材することを受け入れるため時に絶えずおどけた顔をするので、絶えず自分が圧力がないことを強調して、絶えず自分が試合の結果がなど来なければならないことを気にかけないと言います。どのように圧力がないかもしれなくて、どのように結果を気にかけないかもしれません。1つの簡単な道理を言います:酒に酔う人が最も他の人を恐れて彼が酒に酔うと言って、いつも自分が酔っ払うと言います。これは決して私の彼のスピードに対する称賛を妨げません。私の言ったのは完全に謬論もだかもしれません。

私も彼のをはっきり言えないのが試合を退きますどんな原因で、彼が私達にどれだけ大きいかの失望を持ってくるかとも言いたくありません。試合後を退いて、民衆は言うことができて黙々として失望を辛抱して、最大限度に理解と支持を与えました。私が朱建華を持って比較に来ることができますためです。

朱建華に言及して、今の若い人の少しの人は知っていて、私達のこの年齢の人の今彼をしっかり覚えることができる人もでき(ありえ)ないかもしれないのが多すぎます。私は朱建華を思い付いて、彼と劉翔が上海人なためで、陸上競技の巨星です。異なっているのはつきあって時代異なっているので、プロジェクトを訓練して異なっていて、受けた待遇も異なっています。

20年一昨年の朱建華はとても風景です。13歳は世界の中学(高校)生の陸上競技の試合中で2.13メートル跳んだことがあって、第2位を獲得して、そして全国の少年の記録を打ち破ります。1981年6月に日本東京の開催の第4期のアジア陸上競技選手権大会の上で、朱建華は2.30メートルの高度を征服して、倪志から敬って11年の長期の2.29メートルのアジアの記録を維持したことを打ち破りました。1982年彼が続けざまに2.31メートル跳んだことがあります、2.32メートル、2.33メートルの高度、その年世界で跳ぶのが最高の人になります。1983年6月11日に北京の開催の第5期の全国体育大会の陸上競技の予選の上で、彼は2.37メートルの成績で打ち破って前民主的なドイツの選手の韋Seegerから3年の長期の2.36メートルの世界記録を維持して、9月22日に上海の開催の第5期の全国体育大会の陸上競技の決勝戦の中で、更に2.38メートルで世界記録を打ち破ります。この年は彼はまた第1期の世界の陸上競技の選手権大会の男子の走り高跳びの銅メダルを獲得します。1984年6月10日彼前で連邦のドイツの埃伯斯Tateの開催の国際試合中、2.39メートルのずば抜けた成績第3回で世界記録を打ち破って、1年以内に連続して3回の男子の走り高跳びの世界記録を打ち破る世界レベルな走り高跳びのスターになって、中国のの“走り高跳びの王”ですと誉められます。その年8月に第23期のオリンピックの上で2.31メートルで銅メダルを獲得します。しかしその年残念なのは、値のあまりに高い国民が彼のこの銅メダルを受け入れないことを期待して、甚だしきに至っては彼の理不尽な侮りとののしり、に対して彼の家のガラスを打ちます。彼はそれから意気消沈して、スポーツ界がフェード・アウトします。

朱建華の得る輝かしい成績、私は完全に今日の劉翔の所得の着くすべてを得るべきだと思っています。時代の不一致のため、当時の朱建華は民衆の理解と国家の大きな力の支持を得ていません。しかし今日の劉翔は国宝で、物質が精神に上がる上からすべて党、国家と人民の最大で確かなことを得ました。

劉翔が試合の事を退きますについて、スポーツの試合の中で言うことができるのは1件の正常な事です。劉翔のため国民の心の中の特殊な地位、みんなはそれを1件の非常に大きい事にして見にきて、田管センターは記者会見、上海の市指導者をつけて来て慰問して、習主席が慰問に電報を送ります。

私の考えは大いにこのようにする必要はないことができるので、普通の事は平常心は普通の方式と対応しにこなければならなくて、少し行き過ぎで完全にできて、あまりに行き過ぎにもしよくない結果があるかもしれないならば:1つは広大なのが大衆の群体を収めることに対して、劉翔を理解して支持しますが、しかしどうしても誤解が発生するかもしれません。例えば1人の中央テレビ局の番組の司会者はすべて劉翔がテスト試合の上で走って12秒の8余りの彼女に夜通し興奮させる成績(それからべつに達成しないことを実証します)に入ると言って、人の1種の隠せば隠すほど現れる感じことができ(ありえ)ますに、かえって民衆の心を常にさせました不公平です。2は劉翔の本人の圧力に対してもっと大きいです。更に良い心理の素質、全国の人民をも突っ張れないでおさえにきて、国家の副主席をも突っ張れないでおさえにきます。恐らく彼の今後の回復に対して不利です。

私は見て、その年いくつかつで朱建華に直面するのが言うことができます極度の軽視で、今劉翔に対して言うことができるのが極端な関心を持つことです。くれぐれもこの極端なのに劉を飛んで当時の朱建華になることに関心を持たないでください。

劉翔を支持します。彼が立ち上がることを望みます!

メールフォームCGI
メールフォームphp
メールフォームレンタル
社内ブログ構築
ビジネスブログ制作
顧客管理
CRM

広告

東京に対する単純な想い

西方に向って学んで、日本は100数年前から英語の教育を重視します。第二次世界戦争の後で、日本の新しい教育制度は更に英語を教育してかなり重要な位置に置きます。しかし、もし外国人は東京の大きい街頭で英語で道に聞くならば、結果は通常顔を見合わせるのです。トーフルの引き分けすることから均等に分けて見て、日本の受験生は中国の受験生に比べて低い40を要して60分まで配置します。人々は思わず聞きます:日本の英語の教育の問題はどこにありますか?

先生の英語はマスターしていません

日本の基礎の英語の教育は普通は中学(高校)から、英語の大学入試が読むことと文法に重点をおくため、そのため先生の時間は大量をすべてこの上で使います。気軽にどの日本の中学(高校)の英語の教室に入って、耳にする基本はすべて日本語で、先生はたまにただいくつ(か)の英語の単語だけを言います。中国の先生の常用する情景はとても少ないことを練習して日本で採用されます。

疑いを持たせたのは、日本の中学(高校)の英語の先生は多く英語の専門の本科の卒業生ですが、しかし彼らの口語はとてもどこまで(へ)行きます。記者は横浜市のある高校の英語の先生の斎藤先生とあとでやっと知っていることを話して、日本の大学の英語の教育はいくつか口語授業がありますが、主要な科目はしかし依然として文法は訓練を学んで訳します。学生達は1文1文ただ本文だけを訳して、その上外国人教師の科すこと以外、日本の教授も日本語の教育を常用します。そのため、日本人の英語の教育は1つの悪循環に陥りましたそうです。

もちろん、日本人の閲読能力はまだとても強くて、大学生は普通はすべて多くの英語の原版の本を読むことができて、技能を訳すのも更に悪くなくて、この点はやはり国民の学習のに値します。

求めて完璧に口語を訓練することに影響します

日本人の英語は上手く言えないで彼らが完璧な国民性を求めることと関係があります。ある種類の意義の上から言って、まさに追求が完璧なため、日本が人造で品質の良い製品を出して、商店のサービスもとりわけ周到です。でも、外国語を学ぶ時、このような性格はちょうど彼らに損をさせました。

日本人は事がやり遂げていないのが完璧な前に、すべて表示を出しません。彼らが英語を学ぶ時も同様に、1つのセンテンスがもし間違いを出ないことを確信することができないならば、彼らは口を開けて話をします勇気がありません。他の人に答えて質問します時、日本人はいっそう注意して、たとえ彼らは相手の意味にわかりますとしても、頭の中で繰り返しセンテンスを考えて、組織して、文法が間違いが起こることを恐れて、また発音が許さないことを恐れます。彼らの左思の右が思う時、質問する人はとっくにいらいらして、その他の方式で釈明するほかなくて、あるいははっきりと話題を変えます。何度(か)は下りてきて、日本人は自分ですべて自信を喪失して、はっきりと外国人と英語の疎通を使うことを放棄します。

いいかげんに音に訳していきました

日本人の英語の発音はとても悪くて、これはほとんど1つの共通認識になった。この方面は彼らが言うのが少ないことと関係があります、一方も日本語の中でカタカナの翻訳の外来語が致すところなためです。外国語の中の新しい言葉を迅速に日本に入ることができるため、日本人通常直接音訳するこれらの外来語。どんな英語の単語がすべて1種の規則によって迅速にカタカナに変わることができるのに関わらず。

でも、音訳する外来語の時に、日本人はつづりによってただ訳しだけにきて、英語のこのようなつづりについて発音の完全に連結することができない言語と、翻訳の中は多くの偏差が現れることができ(ありえ)て、しかし多くの日本人は誤ってそれらの発音が同じだと思って、だから英語を話す時ははっきりと直接いくらかの“日用化学品”の単語を使って、人をわけが分からなくならせる。

愛知 求人
経理
経営コンサルタント
転職サイト
港区の住所情報、郵便番号一覧